最悪、死に至ることも―「熱中症予防の7箇条」で暑さを乗り切れ

Text by

  • 0
shutterstock

shutterstock

今年もまた、熱中症を警戒しなければならない時期がやってきた。

ちなみに昨年は、6月から9月にかけて、熱中症で救急搬送された人は約5万9000人。88人の方が命を落としている。

こうした犠牲者を1人でも減らすべく、内閣府政府広報室が、政府広報オンライン内の特設ページで熱中症予防を呼び掛けている。

この中から、気を付けるべきことをコンパクトにまとめた「熱中症予防の7箇条」を紹介していこう。

1.暑さを避ける

外出する際は日傘や帽子を利用し、日陰を歩く。

屋内では、扇風機やエアコンを適切(設定温度28度以下、湿度60%以下)に使用し、すだれやカーテンなどで直射日光を防ぐ。

2.服装を工夫する

汗を吸収してくれる吸水性の高い服や下着を着る。

また、熱や汗がこもらないように襟元を緩めるなど、涼しい着方を心掛ける。

3.小まめな水分補給

暑い日は気付かないうちに汗をかいているので、小まめに水分を補給する。

また、汗をかくと水分とともに塩分も失われるので、スポーツドリンクや塩あめ、塩タブレットなどで、水分と塩分の両方を補給する。

ちなみに、アルコールには利尿作用があるので、お酒で水分補給はできない。

4.急に暑くなる日に注意する

梅雨の時期は、まだ体が暑さになれていない。

そのため雨の合間の晴れの日は熱中症の危険性が高まるので、特に気を付ける。

5.暑さに備えた体づくり

日頃から軽い運動をして汗をかく習慣を付けると、暑さへの抵抗力が付き熱中症になりにくくなる。

6.個人の条件を考慮する

体調が悪い人、小さな子どもや高齢者、太り気味の人は熱中症になりやすい。

体育の授業や部活動、暑い場所で作業の際は十分注意するが、参加させないなどの配慮が必要。

7.集団活動の場ではお互いに配慮する

集団で活動する場合は、お互いの配慮・注意が大事。

全員に小まめな休憩を促したり、1人当たりの作業時間を短くしたりする。また、活動の後は涼しい場所で安静にするなどして、体温を下げるよう工夫する。

さらに、政府広報では動画「暑い夏を乗り切るために 熱中症は予防が大切!!」も公開している。

個人で学ぶだけでなく、職場や部活動での啓発にも利用して、暑い夏を乗り切っていこう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking