植物は自分が食べられている音と他の音を区別できることが判明

Text by

  • 1
flickr_followtheseinstructions_one small step

flickr_followtheseinstructions_one small step

植物は、自分が虫などに食べられている音を、他の音と聞き分けることができる――アメリカの研究グループが明らかにした。

植物が音に反応することは広く知られている。しかし、なぜ植物がそのような、生存競争にはあまり意味の無さそうな能力を獲得、維持し続けることができたのかは、まだ分かっていない。

だが、この研究を発表したミズーリ大学のHeidi Appel博士らは、植物が音に反応する能力を獲得したのは、自らを食べる虫などから身を守るためではないか、とみている。

虫が葉を食べる音を感知し、防虫効果のある化学物質を生成

植物は虫に食べられると、その身を守るために虫が嫌う化学物質を生成する。

実験では、シロイヌナズナ、キャベツ、カラシナの葉に毛虫を置き、高精度のセンサーで葉の振動を測定。別に用意した静かな環境の中においたこれらの植物と、その成分を比較分析したのだという。

すると、毛虫を置いた方の葉には、毛虫が嫌うマスタードオイルが多く生成されていたのだそうだ。

ちなみに、同じような振動でも、穏やかな風によって揺らされるなど、虫に食べられた時以外の振動では、化学物質は生成されなかったとのこと。

研究グループは、毛虫がはい回ったり、葉を食べたりした際の振動(音)が、化学物質生成の引き金となったと説明している。

人為的な振動で農業に応用できる可能性も

Appel博士は今後、どのような振動によって化学物質が生成されるかの研究に取り組むとのこと。

もし人工的に”毛虫の出す音”を作り出すことができれば、害虫対策など、農業分野への応用が期待されるのだそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking