投資の専門家は素人投資家よりも勝てない?米調査で明らかに

Text by

  • 1
shutterstock

shutterstock

投資の訓練を受けている専門家は、そうした訓練を受けていない素人投資家よりも、投資の成功率も高いはず。普通に考えればそれが当たり前のはずだ。

しかし、実はそうでもないらしい。

投資の専門家が、そうでない素人投資家とくらべても、それほど投資に成功していないことを、米ミシガン州立大学のAndrei Simonov博士らの研究チームが明らかにした。

ファンドマネジャーの方が負けていた

Simonov博士と、共同執筆者である米ノートルダム大学のAndriy Bodnaruk博士は、スウェーデンの、収入その他の条件が似通った素人の個人投資家と、専門家であるファンドマネージャー計84人のポートフォリオを比較した。

すると、訓練を受けているはずのファンドマネージャーよりも、訓練を受けていない投資家の方が、投資に対するリターンが多かったのだという。

ちなみに、この調査結果はアメリカおよび他の国にも適用可能なのだという。

訓練で勝率が上がるほど簡単ではない

Simonov博士はその理由について、投資に失敗した専門家には「才能」がなかったことと、そもそも投資で成功すること自体が非常に難しいため、と述べている。

つまり、訓練したぐらいで勝率が上がるほど、投資は簡単ではない、ということらしい。

また博士は、ごく少数だがとても優秀なファンドマネジャーが存在することは認めながらも、普通の投資家はおそらく、そうしたスーパースターのような投資家とともに投資をするだけの(資金的な)余裕を持つことはできないだろう、と説明している。

昨今の株高で投資を始める人が増えていると聞く。

しかしプロだからといって、劇的に勝率が上がるわけではないということは、投資をする際の参考として覚えておいた方がいいかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking