横綱審議委員会「白鵬の品格に疑問」ネットでは横審に疑問の声

Text by

  • 0
日本相撲協会公式サイト

日本相撲協会公式サイト

今月23日、32回目の幕内優勝を達成し、大横綱大鵬に並ぶ記録を打ち立てた横綱・白鵬。しかし、昨日行われた横綱審議委員会において、白鵬の品格を疑問視する声が挙がったと、各メディアが報じている。

報道によれば、横審の内山斉委員長が、「断トツの強さ」とその実力を認める一方で、取組直後のダメ押し、懸賞金の受け取り方が荒いことなどを挙げて、他の横審メンバーから態度が悪いという批判の声が挙がったことを明かしたのだという。

しかしネットでは、白鵬の品格に疑問を呈した横綱審議委員会に対して、逆に疑問の声が挙がっている。

外国人力士に厳しい?との意見

といった、外国人力士を冷遇しているのではないか、という意見が多く見られた。

横審同様、態度を疑問視する声も

一方で、

と、横審同様に態度を疑問視する声も数多く挙がっている。

時代の流れと伝統の狭間で……

日本の国技として儀礼的な側面もある大相撲。その頂点に立つ横綱は、品格といった形式的な要素も、他のスポーツよりも厳しく求められる。

しかし、品格とは具体的にどのようなものか、明確に規定することが難しい性質がある。

時代の流れと伝統との兼ね合いが難しいが、今回の横審の評価は、少なからぬファンにとって理解しがたいものだったようだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking