グラドル杉本有美、未払いギャラ2000万求めて前事務所を提訴

Text by

  • 0
fauvisme entertainment 公式プロフィール

fauvisme entertainment 公式プロフィール

女優でグラビアアイドルの杉本有美が、未払いのギャラ2000万円を支払うよう、前所属事務所を提訴していたことが分かった。

今月20日には、杉本本人と前所属事務所代表、現在所属事務所代表が出廷、各々の証言により発覚した。

明細書に記載無く発覚

杉本がこの事務所と専属契約していたのは07年4月から12年3月まで。

杉本が法廷で証言したところによると、ギャラの支払い明細書に、やったはずの仕事が記載されていないことに気付き、未払いが発覚

そこで杉本は代表に対し、未払いのギャラを支払って欲しいと涙ながらに訴えたものの、対応は一切無かったとのこと。

後に杉本は、当時マネジャーだった現在の事務所代表が独立した際に、この事務所に移籍。契約期間中の、未払いが疑われるギャラを概算して、支払を求めて提訴したのだという。

前事務所代表は「単純ミス」。金額にも食い違い

一方、前所属事務所の代表の証言によれば、未払いは意図的なものではなく、支払い漏れや請求漏れの単純ミスが多かったとのこと。

その金額についても双方に食い違いがあり、杉本側の2000万円に対し、前事務所代表は540万円と主張している。

また、この裁判では、事務所の独立と杉本の移籍の際の補償金をめぐって、前事務所側も、現事務所に対して損害賠償を請求している。

裁判は和解勧告がなされ、協議が続行中だ。

戦隊モノでブレイク。大河にも出演

端正なルックスと抜群のプロポーションで小6からジュニアモデルとして活躍、グラビアなどでさらに人気が集まり、08年には「炎神戦隊ゴーオンジャー」への出演で女優としてもブレイクした杉本。近年は大河ドラマにも出演するなど、仕事の幅を広げている。

トラブルを乗り越え、さらなる飛躍を遂げることができるか。今後の裁判の行方に注目が集まりそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking