すき家、全店舗での深夜営業再開を決定…不安の声続々

Text by

  • 0
すき家

足成

その激務から従業員が不足し、深夜営業を休止している牛丼チェーン「すき家」が、今年6月末までに、すべての店舗で深夜営業を再開する方針を固めたことが分かった。

「メニューの見直し」と「研修の強化」で対応

同社は、問題となっていた過酷な労働環境に関して、「調理に手間がかかるメニューの見直し」「研修の強化」などの対応策を実施。

この結果、労働環境の改善と、働き手の確保にめどがついたことから、全店で深夜営業の再開することが可能となったと判断したようだ。

ネットには不安の声が続々

ネットでは、この決定を不安視する声が相次いでいる。



深夜営業を再開する声もあるものの、本当に従業員の激務が解消されるのか、そして収益を確保できるのか、半信半疑といった様子だ。

再生は果たせるのか

また、同社は経営陣が従業員の労働実態を把握していなかったことが問題だったとして、勤務状況をチェックする担当者を新たに配置し、過剰な労働が発生しないように注意を払うとしている。

“ブラック企業”との批判が業績にも影響し、厳しい経営状況が続くすき家。今回の対応策で不足している人出の確保は本当にできるのか。そして再生を図ることができるのか。今後の動向にも注目が集まりそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking