金爆・喜屋武豊が舞台デビュー!まさかの主演で「大丈夫かしら」と不安を吐露

2015年01月26日 17時10分

2015年01月26日 17時10分

舞台『ふしぎ遊戯』公式サイト
舞台『ふしぎ遊戯』公式サイト

ゴールデンボンバーの喜屋武豊が、今年3月公演の舞台『ふしぎ遊戯』で、舞台デビューすることが明らかとなった。

人気少女漫画が原作

『ふしぎ遊戯』は、92年から96年までの間、フラワーコミック(小学館)で連載されていた渡瀬悠宇原作の少女漫画。古代中国風の世界を舞台としたファンタジーで、アニメ化もされ今も多くのファンがいる人気作品だ。舞台化は2012年に続いて、今回が2度目となる。

喜屋武の演じるイケメン武術家「鬼宿」は、原作漫画では主役ではない。しかし、原作者である渡瀬悠宇さんのツイートによれば、今回の舞台は鬼宿の視点から描かれた物語となるようだ。

ファンからは驚きと期待の声。違和感を感じる人も

この喜屋武の舞台デビュー、しかも主演との報せに、ファンからは驚きと期待の声があがっている。

だが人気漫画の人気キャラなだけに、鬼宿を喜屋武が演じることに違和感を覚える原作ファンもいるようだ。

「大丈夫かしら( ̄▽ ̄)」

喜屋武はこれまで、ドラマへの出演やコント仕立てのライブパフォーマンスの経験はあるものの、舞台での演技は初めて。しかも主役を演じるとあって、自身のブログに「え、主演っすか?」と題したエントリーを投稿し、「大丈夫かしら( ̄▽ ̄)」と、不安な心境が見え隠れするコメントを綴っている。

またTwitterでも、

とつぶやいており、演じる役と自分とのギャップに、いささか困惑している様子だ。

3月19日の公演まで残り2ヶ月あまり。稽古の様子などがブログにアップされる可能性もある。ファンは要チェックだろう。

注目の記事