北海道教育委員会の「ノーゲームデー」指定に疑問の声続々

Text by

  • 1
shutterstock

shutterstock

北海道教育委員会が、子供たちの学力低迷の一因にはゲームのやり過ぎもあるとして、毎月、第1日曜日と第3日曜日を「ノーゲームデー」に指定。その日は子供もその保護者も、電子機器を利用したゲームをやらないようにしようと呼びかけていることが、話題となっている。

電子メディアへの接触時間を見直す

この取り組みは、「ネット利用も含めた望ましい生活習慣」の定着を目的とした「どさんこアウトメディアプロジェクト」の一環として行われているもの。

電子メディアへの接触時間を見直すことで、家族との団らんや体験学習、読書の時間が増え、「望ましい生活習慣」の定着につなげようという狙いがあるのだという。

そして同委員会は、この「ノーゲームデー」にあたる来月2月1日に、ゲームのかわりに楽しめる野外活動や創作体験などのイベントを開いて、実践を促していく考えのようだ。

また、冒頭でも紹介した通り、学力低下の一因にゲームのやり過ぎもあるとの考えから、「ノーゲームデー」により学習時間が増え、その結果子供たちの学力向上につながることも期待しているのだという。

ネットでは反発の声が続々

この「ノーゲームデー」に、ネットでは疑問の声が相次いでいる。


各地で既に実施中。強制力はなし

もっとも、この指定に強制力はなく、あくまで呼びかけをしているだけのもの。別に必ず守らなければならないという性質のものではなく、判断は各家庭に委ねられている。このため、実際にどれだけの家庭がこの「ノーゲームデー」を実践するかどうかは未知数だ。

ちなみに、この「ノーゲームデー」の取り組みは北海道教育委員会が初というわけではなく、奈良県や葛飾区など、全国各地で既に行われている。

ノーゲームデーの取り組みは今後広がっていくのか。そして、狙いどおりの効果をもたらすことができるのか。今後も物議を醸しそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking