2015年に韓国で最も人気の旅行先は日本の大阪。その理由は?

Text by

  • 2
flickr_hans-johnson

flickr_hans-johnson

航空券比較サイト「スカイスキャナー」によると、韓国で2015年に最も多くの人が訪れた海外の都市は、日本の大阪だったという。

上位5都市は以下の通り。

  • 1位:大阪(日本)
  • 2位:パリ(フランス)
  • 3位:台北 (台湾)
  • 4位:東京(日本)
  • 5位:香港

またスカイスキャナーは急上昇ランキングも同時に発表。1位は福岡、2位が大阪、3位が北海道と日本の都市がTOP3を独占する結果となった。

韓国人が日本に訪れる理由として、「韓国よりも日本のほうが、ものが安く種類も多い」、「格安航空会社(LCC)の普及により隣国への自由旅行が普及している」などが挙げられている。

東京ではなく、なぜ大阪?

日本に来る多くの韓国人は週末などを利用した短期旅行者が多く、飛行機で東京よりも1時間早く訪れることのできる大阪が人気の理由となっている。

また格安航空会社は、韓国⇔東京よりも韓国⇔大阪のほうが本数が多く、定期的に航空会社がセールをしていることから、東京よりも大阪が人気のようだ。

若い韓国人は日韓関係よりも買い物やグルメ?

「日本は限定商品がめっちゃ多い!お金を落とさせるテクニックがうまいな~!」

「難波と関空を行き来するラピートがスターウォーズとコラボしたらしい!これ乗りに大阪に行こうかな!」

「初めての一人旅!食べ歩きしてゆっくり自分の時間を楽しもう。」

「大阪は本当に観光でオススメの場所!大阪は少し雰囲気が韓国と似ているし、韓国人も多い。日本の伝統的な衣装を着れるところもあるし、日本と韓国の両方の雰囲気を楽しめる~」

「日本は可愛いところが多すぎてカメラが止まらない」

韓国人の中でも20~30代の女性が爆発的に増えており、主に買い物やグルメが目的だ。

韓国というと昨今、慰安婦問題など日本と関係の良くない国と思われがちだが、若い世代にとってはあまり関係ないようだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking