脂肪を燃焼させ、減量効果が期待できる5つの食べ物とは

Text by

  • 3
123RF

123RF

体重を落とすには、カロリー摂取量を減らすしかないと思っていないだろうか。確かにカロリーや食事の量をコントロールすることも大事だが、何を食べるかも同じくらい重要なのだそう。

食べ物の中には血糖を一定に保ち、甘い物を食べたいという欲望を抑えてくれるものや、満腹感を持続させてくれるなど、ダイエットに有効なものがある。

そこで、米カウンセラーJacqueline Silvestri Banks女史がFoxNewsで取り上げた減量に役立つ5つの食べ物を紹介する。

1.ココナッツオイル

中鎖脂肪酸を含む。多くの食物に含まれる長鎖脂肪酸に比べ、消化吸収が早くすぐにエネルギーに変わるので体内に蓄積されにくい。新たな”スーパーフード”として注目されている。

2.アップルサイダービネガー(リンゴ酢)

発酵したアップルサイダーで作られた酢で、ミネラルや酵素、ビタミン、アミノ酸を豊富に含んでいる。炭水化物を多く含む食事を摂る前に飲むと、インシュリン感受性の急上昇を抑えることができ、食欲を抑えるのに役立つ。

3.レモン  

ビタミンCの代名詞ともいえるフルーツだが、このビタミンCを十分に摂取していると脂肪が燃焼されやすくなる。ビタミンCが不十分な人に比べると何と30%も”脂肪燃焼率”が良いことがわかっている。レモン水を飲んだり、サラダにレモンをかけたりすると摂取しやすいだろう。

4.脂ののった天然物の魚

サーモンやニシン、マス、イワシなどにはタンパク質やオメガ3脂肪酸が豊富に含まれている。減量に有効なだけでなく、筋肉量の維持にも効果がある。天然物の方が養殖魚より汚染物質の含有が少ない。

5.グレープフルーツ  

低カロリーで酵素を多く含み、満腹感を持続させてくれる。肥満の研究で、食事の前にグレープフルーツ半個を食べると減量に効果的であることがわかっている。

厳しい食事制限や誘惑との闘いなしで減量できれば、それに越したことはない。ダイエッターは上記の食べ物を日常の食生活にうまく取り入れてはどうだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking