眠いときに出るあくび、何のため?メカニズムに新説!

Text by

  • 0
shutterstock

shutterstock

眠たいときなどに不意に出るあくび。覚醒しようというときに出ることがわかっているが、どういう作用があるのかなど多くは謎に包まれている。

そのあくびのメカニズムについて、新説が登場した。なんと、あくびは脳内の最適温度を保つためであると考えられるのだという。

 気温20度前後で出やすく

オーストリアのウイーン大学の研究者らが、米国アリゾナとウイーンで夏期と冬期に道行く人のあくびの頻度を観察した。

その2カ所での結果を分析したところ、ウイーンの人は冬より夏によりたくさんあくびをし、アリゾナの人は夏より冬にあくびをたくさんする傾向が認められた。

さらに分析を進めると、あくびの頻度に関係するのは季節ではなく、日照時間などがキーポイントであることがわかった。具体的には、気温20度前後がもっともあくびが出やすいらしい。

脳内の温度を調整する機能?

観察ではまた、アリゾナで気温が37度まで上がる猛暑日や、ウイーンで氷点下まで下がる寒い日は、あくびの頻度が下がることもわかった。

これらの結果から、あくびは脳内を最適温度に保つためのもの、と研究者らはみている。例えば脳内の温度が上昇したときにあくびをして温度を下げ、それにより覚醒を促すと考えられるという。

研究結果はPhysiology & Behaviorに発表された。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking