和食に必須のあの調味料がHIV治療に有効!薬剤耐性ができたウイルスにも効果

Text by

  • 11
123RF

123RF

世界的に患者数が増加傾向にあるエイズ。そのエイズを引き起こすのがHIVウイルスだ。科学の進歩により抗HIVウイルス薬が開発され、治療に使われている。

そのHIV治療で今、新たに注目を浴びているのが、日本人にはおなじみの「しょう油」に含まれる「EFdA」と呼ばれる成分だ。このEFdAが抗ウイルス薬としてメジャーな「テノフォビル」の70倍もの効果があることが最近の研究で確かめられた。

耐性できにくく、効果も早く発揮

テノフォビルはHIV治療においてはよく使われるものだが、使用回数を重ねるごとにその効果は落ちてくる。これは、ウイルスで耐性を持った変異株が出てくるためだ。

「その点、EFdAはウイルスに耐性ができにくく、しかも体内で効果をより早く発揮する」と話すのは、米ミズーリ大学医学部のStefan Sarafianos助教授。Sarafianos助教授らの研究で、抗HIVウイルス薬に耐性を持っていないHIVウイルスにEFdAが効くことが確かめられた。

既存治療の代替として注目

さらに重要なのは、テノフォビルに耐性ができているHIVウイルスには、より高い抗HIV活性が認められたということだ。つまり、既存の治療で効果が上がらなくなった場合の新たな治療としてEFdAが有効ということになる。

もともとEFdAは東北大学やヤマサ醤油、熊本大学など産学が共同で開発してきた。日本発の新薬候補に世界中からさらに熱い視線が注がれる。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking