【ダイエッター必見】カロリーを気にする必要がない食べ物はコレだ!

Text by

  • 2
shutterstock

shutterstock

ダイエットをする人にとって、口にする飲食物のカロリーは気になるものだろう。食事量を制限してカロリー摂取を抑えている人も少なからずいるはずだ。

しかし、食べ物の中には、含有するカロリーより消化に伴う燃焼カロリーの方が大きいものもある。米サイトFoodie Junkyで取り上げられていた、ダイエッターの強い味方になってくれそうな食物を紹介する。

1. セロリ

75%が水分。しかも食物繊維がたっぷりで、満腹感を持続させてくれる。抗酸化作用もあるので血管の”若返り”も期待できる。

2. グレープフルーツ

セロリ同様、水分たっぷりで食物繊維の一種、ペクチンを多く含む。体の脂肪を燃焼するのを助けてくれる。

3. レタスなどの葉野菜

含んでいるカロリーより、消化される際に燃焼するカロリーの方が大きい。つまり山盛り食べても”カロリーゼロ”と考えていい。

4. スイカ

カロリーはかなり低く、脂質はゼロ。豊富なビタミンBが体内の脂質の代謝を促し、エネルギーに変えてくれる。

5. 脂身の少ない赤肉

肉と聞いて意外と思う人もいるだろう。しかし、鶏肉や七面鳥、脂肪の少ない豚肉などに含まれるタンパク質は消化を促し、それが脂肪燃焼につながる。

6. ブイヨン

野菜や肉、魚でとっただしは天然の調味料。糖分が含まれている調味料で味付けするよりカロリーが少なくなる。満腹感の持続や食事の満足度も高めてくれるので、過食を防げる。

7. ヨーグルト

1〜6よりカロリーは高いが、腸の動きを促進してくれる効果の方が大きい。ただし、買うときには注意が必要だ。砂糖・脂質ゼロのタイプがベスト。

そのほかにもリンゴやオレンジ、赤トウガラシ、トマト、サラダ菜、キュウリなどが挙げられている。こうした食材をうまく活用して賢いダイエットを実践してみてはどうだろう。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking