女優シンディ・クロフォードが明かす美のための食習慣

Text by

  • 1
shutterstock

shutterstock

アメリカの女優シンディ・クロフォードといえば、言わずも知れた元祖スーパーモデル。48歳となった今でもその美貌とゴージャスな体型はまったくかげりを見せない。

どうやったらそうした美が維持できるのか、多くの女性が知りたいところだろう。アメリカの女性向け情報サイト「Women’s Health」で明かされた、シンディの食生活をかいつまんで紹介する。

忙しい朝はプロテイン・ドリンク

まず朝食。月曜から金曜日までは通常、プロテイン・ドリンクを飲む。その理由は「素早く摂れるから」だそう。子どもたちを送り出し、自身も仕事に向かわなければならないため、朝食に時間をかけられないからだ。

ランチはサラダ。時々チキンもつける。そして夕食は寿司を食べに行くことも。家で料理するときは、七面鳥肉のミートボールとパスタ、サラダ、野菜といったメニューだそう。

脂質の少ないお肉をチョイス

お肉を食べるのは意外と思う人もいるかもしれないが、チキンや七面鳥肉は比較的脂質が少ない。また、パスタは子どものためで、シンディ自身は食べないという。脂肪や炭水化物の摂取に気を配っているのが伺える。

ただ、そうしたストイックな食生活を厳密に守っているのかといえば、実はそうでもないらしい。「80%くらい実行できればいいと考えている」とのこと。

美の基本となる食生活に絶えず気を配りつつも、必ずしも完璧を追求しなくていいというのは、多くのダイエッターにとって励みになるのではないだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking