砂糖たっぷりの飲料パッケージに健康被害の警告を掲載すべき、と英専門家

Text by

  • 1
123RF

123RF

この飲み物には多量の砂糖が含まれ、あなたの健康を害する恐れがあります―。

ジュースや炭酸飲料の缶、ペットボトル、紙パックなど外装に、そうした掲載すべきと英国の専門家が主張している。

「中毒性あり健康ダメージ大きい」

砂糖の過剰摂取による肥満や、それに起因する病気を少しでも減らすのが目的だ。

警告ラベルの必要性を訴えているのは、英国リバプール大学のSimon Capewell教授。「砂糖はタバコと同じで中毒性があり、しかも健康へのダメージも大きい」と指摘する。

米カルフォルニア州で先行

英国と同様、肥満が社会問題となっている米国では、カルフォルニア州で甘い飲料への警告ラベル掲載義務化を検討中という。この背景にあるのが、過剰な砂糖摂取が起こす健康への悪影響だ。

最近の研究では、糖分たっぷりの飲料を1日に1本飲むと、1カ月に1本の人に比べ2型糖尿病を患うリスクが22%高まることが明らかになっている。

また、肥満は糖尿病だけでなく、心疾患やがん、関節障害などさまざまな病気との関連も指摘されている。

タバコの警告掲載は当たり前

タバコに目を向ければ、現在当たり前のこととなったパッケージの警告文も、健康意識の高まりを背景に世界各国で導入されている。肥満も世界中で増加傾向にあることを考えれば、警告掲載で消費者に注意を促すというのはありだろう。

Capewell教授は「砂糖は第二のタバコ」と位置づけ、「英国もカルフォルニア州に倣うべき」としている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking

What’s Hot Ranking