幼少期に音楽のレッスンを定期的に受けると「脳力」が上がる!

Text by

  • 4
123RF

123RF

子どもの習い事人気ランキングでは必ず上位に入るピアノ。また、リトミックやその他の楽器のクラスも人気だ。

こうした、音楽の定期的なレッスンは、楽器をひくというスキルや音感の向上を促すだけではないらしい。米国の研究によると、幼少期の音楽のレッスンは情報処理能力や記憶力など、いわゆる「脳力」も高めてくれるのだという。

脳内の情報処理分野が活発

ボストン子ども病院の研究者らが9−12歳を対象に、定期的に音楽のプライベートレッスンを2年以上受けている15人と、音楽関係の習い事をまったくしていない12人を比較した。

MRIを使って脳を調べたところ、音楽のレッスンを受けている子どもでは、前頭前野皮質の特定エリアが活発であることが認められた。このエリアは、情報処理や問題解決などの実行機能を補佐する役割があるのだという。

「学習能力を高めることにつながる」

研究を主導したNadine GaaB氏は「最近の学校教育の傾向として音楽の時間を削り、”お勉強”にあてることが多いようだ。しかし長い目でみれば幼少期の音楽体験は、その後の学習能力を高めることにつながる貴重な体験」と指摘する。

また、「注意欠陥・多動性障害(ADHD)など実行機能にトラブルを抱えている場合にも、音楽による”刺激”は有効なのではないか」と話す。

ちなみに、今回の研究で「脳力」が高いとされた子どもが音楽レッスンを始めた平均年齢は5.9歳で、レッスン時間は週3.7時間だった。子育て中の方、あるいはこれから子どもを持つ予定のある方、どうぞご参考に。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking