ゾウの鼻は長いだけじゃない!犬よりも嗅覚が鋭いらしい

Text by

  • 0
shutterstock

shutterstock

犬の嗅覚が鋭いことはよく知られている事実だが、実はその犬よりゾウの方が鼻がきくらしい。何キロも離れたところにある水のにおいもわかるのだという。

東京大学の研究チームが、ゾウのほか、イヌ、ウマ、ウサギ、ブタ、ウシ、チンパンジー、ヒトなど、哺乳類13種類の全遺伝情報(ゲノム)をコンピューターで分析し、においを感知する嗅覚受容体を調べた。

“におい感知”遺伝子がイヌの2.5倍

それによると、アフリカゾウの嗅覚受容体の遺伝子数は2000個以上と最も多く、イヌ(800個)の2.5倍にものぼることがわかった。

一般に、嗅覚受容体の遺伝子が多いほどより多様なにおいを嗅ぎ分けることが可能とされている。つまり、ゾウの方がイヌよりはるかに嗅覚が鋭いことになる。

遠く離れた水のにおいもわかる!

この能力を、ゾウは敵となる動物や、食べ物、水の在り処を感知するのに活用しているのだという。その嗅覚の鋭さたるや、何キロも離れたところにある水のにおいまで嗅ぎ取るというから、大変なものだ。

ちなみに、13種類の中で嗅覚受容体の遺伝子が一番少なかったのはヒトで、その数400個。人間の中にも鼻がきく人、鈍い人といるが、ゾウからみればすべての人間は「嗅覚ゼロ」くらいの存在かもしれない。

研究結果は、米科学誌「Genome Research」に掲載された。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking