自閉症のセラピーは早期に開始すると効果あり:米研究

Text by

  • 14
123RF

123RF

コミュニケーションをとるのに困難を抱えたり、反復的な行動を繰り返したりする自閉症。症状はさまざまで、どこまでを自閉症ととらえるのか定義は定かではないが、決して珍しい病気ではない。

その自閉症について、ひとたび症状が認められたら、セラピーを早期に開始するほど効果が高く、発達の遅れなどを防ぐことができるという研究結果がまとまった。

親に接し方のトレーニング

カルフォルニア大学の研究チームが生後6−15カ月の乳児7人とその親を対象にセラピー試みた。

乳児7人は、アイコンタクトを避ける、対人関係を築けない、意思伝達がでないといった自閉症特有の症状が認められ、うち4人は兄弟も自閉症と診断されていた。

研究チームは、乳児7人の親に自閉症の子どもへの接し方、興味の引き出し方などのトレーニングを受けてもらった。

トレーニングは1回1時間のセッションを12週間にわたって行うというもので、研究チームによると6−8週間で訓練を受けたセラピストと同レベルの水準になり、実生活ではそうした方法で子どもに接してもらった。

言葉や学習スキルで効果

すると、乳児7人のうち6人で、2—3歳になるまでに言葉や学習スキルで上達が見られた。同様の自閉症症状を抱えながら親によるセラピーを受けていない子どもに比べると、その発達度は明らかに進んでいたという。

こうしたことから、研究チームは早期にセラピーを開始することが重要との結論に至った。

サリー・ロジャーズ教授は「子どもと毎日接している親は、早い時点で”サイン”に気付く。その段階でセラピーを始めることで、子どもの発達を早期に”修正”することができる」と話している。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking