ドライブ中は音楽を聴くよりコーヒーを飲んだ方が安全運転につながるとの調査結果

Text by

  • 0
123RF

123RF

長距離のドライブ中、あるいは渋滞にハマってしまったときなど、疲れて強烈な眠気に襲われた経験を持つドライバーは多いだろう。

眠気をとばし、また疲れを紛らわせたりするのに、最もポピュラーな方法は、音楽を聴くこと、そしてカフェイン飲料を飲むこと。

どちらもそれなりの効果があるが、この2つの方法を比較すると、音楽を聴くよりもコーヒーなどのカフェインを含む飲み物をとる方が、運転疲れを紛らわせることができるらしい。

カフェインvs音楽

カナダ・マックマスター大学の研究者が実験を行い、明らかになった。被験者には2時間運転してもらい、疲れの度合いを尋ねた。

実験は3日間にわたって同じ時間帯に3回行われ、運転中に音楽を聞いた場合、カフェイン飲料を飲んだ場合、何もしなかった場合の疲労具合を比較。

その結果、カフェインをとったり音楽を聞いたりすると、何もしないより疲れをそれほど感じない傾向が浮かび上がった。

判断力でカフェインに軍配

また、カフェインをとった場合と音楽を聞いた場合を比べると、カフェインをとった時の方が判断力などがしっかりし、ハンドル操作が的確になることも明らかに。

つまり、眠くて仕方のないとき、音楽で気を紛らわせるより、コーヒーやお茶などを飲んだ方が安全運転につながるということ。

しかし、カフェインは利尿作用があるので、トイレ休憩ができる環境での摂取がよさそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking