【妊活中の女性必読】ブラジルナッツが卵子の質を高めるとの研究結果

Text by

  • 0
123RF

123RF

ナッツは身体にいいと言うが、中でもブラジルナッツは、子どもが欲しい!という女性の強い味方となるようだ。妊娠に重要な役割を果たす抗酸化物質が豊富に含まれているのだという。

その鍵となる物質が、セレン。これまでの研究でセレンは男性不妊に効果があることがわかっているが、アデレード大学の研究で卵巣の正常な機能維持にも大きな役割を持つことがわかった。

健康な卵子にはセレンが不可欠

妊娠のためには、質のいい卵子が不可欠だ。そして卵子を生み出す卵巣が正常に機能していなければ、健康な卵子は得られない。

同大学の研究者、Melanie Ceko氏らが状態のいい卵巣を調べたところ、セレンや、セレンを含むGPX1タンパク質のレベルが高いことが明らかになった。

また、セレンのレベルが高い卵巣でつくられた卵子の中には、GPX1タンパク質が倍のものもあったという。

1、2粒で1日の必要量

こうした結果を踏まえ、Ceko氏らはセレンが女性の不妊治療にも役に立つとしていて、今後はセレンをどのくらいのレベルに保てば妊娠しやすくなるのかなどを研究するという。

ちなみに、ブラジルナッツには100グラムあたり1917マイクログラムのセレンが含まれている。この数字は食品の中では突出していて、ブラジルナッツ1、2粒で一日に必要なセレンが摂れる計算だ。

また、ミネラルなどの栄養も含んでいて、免疫力アップや疲労回復にも効果があるとされている。健康管理に、子づくりにと、妊活中のカップルは一緒にとるとよさそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking