【パパママ要注意】「幼い子どもにスマホを与えると、将来残念な大人になる」と専門家

Text by

  • 47
123RF

123RF

スマートフォンやタブレット端末の浸透に伴い、幼い子どもがそれらを使用するシーンも増えてきた。子ども向けのビデオやゲーム、アプリなどは増える一方だ。

端末を手にした子どもは、画面を食い入るように見つめ、のめり込む。そうしたことから、子どもにおとなしくしてほしい時に端末を与える親は少なくない。

だが、その手法は子どもの成長、特に自己コントロール面に悪影響を及ぼすとボストン大学の専門家が指摘している。

人間関係の構築が難しく

子どもの発達を専門とする小児科医ジェニー・ラデスキー氏によると、頻繁な端末使用で最もダメージを受けるのが、社会の中で人間関係を構築し、共生するスキル。

というのも、子どもは本来、他の子どもと関わったり遊んだりする中で社会性が培われるからだ。「しかし、最近では端末がそうした貴重な学びの時間に取って代わっている」とラデスキー氏は危惧する。

さらに、「子どもがかんしゃくをおこしたり、わがままを言って暴れたりしたときに、親が端末を与えておとなしくさせる手法を普段からとっていれば、子どもは自分の感情をコントロールすることを学べない。端末がないときにどうなるのかは自明」と話す。

教育コンテンツを大人と一緒に

一方で、電子書籍や読み書きなどのアプリといった教育要素が強いコンテンツの利用について、ラデスキー氏はその効果を否定してはいない。

しかし、子ども一人でさせるのではなく大人と一緒の方が効果は期待できるとのこと。ただ、2歳半以下の子どもに教育アプリなどをさせるのは「時間の無駄」としている。

かつてテレビがあっという間に私たちの暮らしに浸透したように、モバイル端末もすでに当たり前になりつつある。そうした中で、子どもに端末を触らせないというのは非現実的かもしれない。

たが、端末に子どものお守りをさせる的に使うのではなく、親子で一緒に楽しみながら学ぶツールにしたいものだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking