【朗報】10歳からの外国語学習で脳は進化する!

Text by

  • 13
123RF

123RF

親がバイリンガルであるなど子どもの頃から外国語に日常的に触れていると、外国語が操れるようになるだけでなく、頭の回転が早くなるなどのメリットがあることが報告されている。

一般に、外国語は早期教育がいいと言われる。だが、日本の教育制度では、小学校高学年〜中学くらいから英語の学習が始まる。

そんな日本人にとってうれしいニュース。なんと、外国語学習を10歳から始めても脳が進化するのだという。

脳の白質部分が活性化

ケント大学の研究者が、イギリスに13カ月以上住んでいる45人(年齢30歳)を対象に行った研究で明らかになった。

研究では第二言語として英語を10歳ごろから学習し始めたバイリンガル20人と、英語のみを話す25人の脳をスキャンして比較。それによると、バイリンガルの脳の白質部分は、英語しか話さない人に比べ活性化した状態であることが確認された。

白質部分は言語を含む情報処理に深く関わっている部分。つまり、外国語学習が脳に刺激を与え、この部分が活発になり”賢く”なるということ。

脳の機能低下予防も

しかも、10歳から学習を始めた人と、早期から複数言語に接する環境で育った人の脳にさほど違いはなかったという。

また、研究チームによると、若いうちから白質部分が活性化していると、歳をとってから脳の機能低下を防ぐことができるとのこと。

外国語の学習というと、外国の人とコミュニケーションをとることに主眼が置かれがち。それはもちろん有用なことだが、脳を活性化させて機能低下を予防できることの方が人生長い目で見たときに重要かもしれない?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking