睡眠不足が3日続くだけで太りやすくなることが明らかに

Text by

  • 0
123RF

123RF

睡眠不足が常態化したり、シフト制の仕事で睡眠時間が不定期だったりすると、記憶力の低下やうつ、2型糖尿病を招きやすいことがわかっている。

そこに「肥満になりやすい」というリスクも加わることが新たな研究で明らかになった。たった3日間、睡眠不足が続くだけでも要注意なのだという。

深夜と早朝の脂肪酸値に変化

シカゴ大学の研究チームが18〜30際の健康な男性19人を対象に行った実験で明らかになった。

実験ではまず、被験者に4日間、睡眠をたっぷり(平均7.8時間)とってもらった。その4週間後、今度は平均4.3時間の睡眠を4日間とってもらった。

期間中、被験者の睡眠はモニターされ、食事内容も厳しくコントロール。採血も定期的に行った。

そして判明したのが、睡眠時間が少ないと深夜と早朝の脂肪酸値が15〜30%高くなるという事実だ。

インシュリンの働きが低下

深夜に脂肪酸値が高いというのは、インシュリン抵抗性につながる。実際、睡眠が不足するとインシュリンの働きが23%低下していた。つまり、肥満や2型糖尿病を招きやすい状態に陥っているということになる。

今回の実験では短い睡眠を4日間続けてとってもらったらが、3日でその影響は如実に現れたという。

起きているとエネルギーを使って痩せやすいと思いきや、実際はその逆ということになる。睡眠不足は心身に悪影響をもたらすが、体重管理も例外ではないようだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking