カメレオンの体色はなぜ七変化する?長年の謎をジュネーブ大学が解明

Text by

  • 23
Flickr_ Tambako The Jaguar

Flickr_ Tambako The Jaguar

体色を自由自在に変化させられるカメレオン。敵から身を守るために体色を周りの色に同化させる生き物は少なくないが、カメレオンのように鮮やかに、しかも素早く変化させられるのは珍しい。

どうしてこれが可能なのか?スイス・ジュネーブ大学の研究で、皮膚にあるナノ結晶の光の反射によるものであることが明らかになった。

皮膚にナノ結晶

カメレオンは自身の存在をカモフラージュさせたり、オスがメスの興味を引いたりしたいときなどに体色を変える。この変化はこれまで、色素によるものと考えられていたが、実は違った。

同大学のMichel Mikinkovitch教授らが科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した論文によると、皮膚表面の虹色素胞と呼ばれる細胞部分に含まれるナノ結晶の角度を変えることで光の反射を変化させて体の色を変えているとのこと。

断熱の役目も

しかも、この虹色素胞は皮膚の深い部分にもあり、こちらは日光に含まれる赤外線を反射して熱から体を守る役目があるのだという。

つまり、カメレオンの皮膚は、色の切り替えと断熱という機能を併せ持っていて、のっそりとした印象とは裏腹に高度な技術が詰まった生き物のようだ。

研究チームは今後、ナノ結晶調整のメカニズムを解明したいとしている。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking