AB型は認知症になりやすい?血液型別の病気リスク

Text by

  • 3
123RF

123RF

血液型占いなんて信じない!という読者もいるかと思う。確かに、世界の人が4タイプに分けられるなんてナンセンスかもしれない。

しかし、実は血液型によってかかりやすい病気、かかりにくい病気があるという。研究で明らかになっている事実を紹介しよう。

O型はマラリアにかかりにくい

亜熱帯地域を中心に感染が多いマラリア。この病気にO型はかかりにくく、また重症化もしにくいことがわかっている。

スウェーデンの研究者、Mats Wahlgren博士によると、マラリア寄生虫のタンパク質が血球の表面にくっつき、血流をとめるなどすることでマラリアを発症する。

しかし、O型の人の血球にはこのタンパク質がくっつきにくいのだという。反対に、A型の人の血球にはくっつきやすいとのこと。

マラリアが発生しやすい地域にO型の人が多いのは、マラリアとの長年の戦いの結果との指摘もある。

AB型は認知症リスクが高い

バーモント大学の研究チームが45歳以上の3万人を対象に行った調査で、AB型の人は他の血液型の人に比べ、記憶力低下などの認知機能障害を発症するリスクが最も高かった。

リスクが最も低かったO型の人と比べると、リスクは82%増しだったという。この差には、血液を凝固させるタンパク質の濃度の違いが関係していると考えられている。

O型は膵臓がんになりにくい

米国国立がん研究所の研究によると、4タイプの中で、O型は膵臓がんに最もなりにくいのだという。各血液型の膵臓がんにかかるリスクは、O型と比較するとB型1.7倍、AB型1.5倍、A型1.3倍だった。

血液型を決定づける遺伝子が原因と推測されているが、はっきりとしたことはわかっていない。

O型以外は心疾患リスクが高い

アメリカの心臓病専門誌「American Heart Association Journal」に発表された論文によると、O型は心疾患を発症するリスクが低く、逆に残りの3つのグループはリスクが高めだという。

特にリスクが高いのがAB型。O型と比べAB型は23%リスクが高く、B型は11%、そしてA型は5%高かった。

研究著者のLu Qiハーバード大学教授によると、AB型は炎症との関連が強くみられ、炎症で血管が傷つくことが影響していると考えられるとのこと。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking