お酒好きはコーヒーも飲むべし!1日1杯のコーヒーで肝臓がんリスクが減ることが明らかに

Text by

  • 17
123RF

123RF

アルコールを習慣的に飲むと、それだけ肝臓に負担がかかり、肝臓がんを患うリスクが高まる。しかし、コーヒーを飲むことでこのリスクを下げることができるのだという。

なんと、1日1杯のコーヒーで肝臓がんリスクが14%減ることが、世界がん研究基金の調べで明らかになった。

お酒3杯で現実的な脅威に 

同基金がこのほど発表したレポートは、820万人を対象に行われた34の研究をベースにしている。 レポートによると、アルコール消費が10グラム増えるごとに、肝臓がんリスクは4%高まり、1日3杯以上のアルコールで現実的な脅威になるとのこと。

そして、飲酒習慣を長年続けると、それだけがんリスクは高まるわけだが、そこにコーヒーの摂取を加えることでリスクが減るのだという。

コーヒー何杯で効果大になるかは不明

レポートでは、お酒を飲む人が1日1杯コーヒーを飲むことで肝臓がんリスクを14%減らせるとしているが、今のところ、コーヒーを何杯飲めばその効果が最大になるのかはわかっていない。

また、リスクを減らせる効果はあっても帳消しにできるわけではなく、アルコールの杯数が多ければそれだけリスクは高まる。

「コーヒーを飲んでるから、お酒をがぶ飲みしても大丈夫」と安心せずに、ほどほどにたしなみながら、コーヒーも飲むのが良いようだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking