テレビを見ながらのスマホ使用は要注意!IQ低下につながるとの研究結果

Text by

  • 9
123RF

123RF

このIT社会、テレビを見ながらでもスマートフォンやタブレット端末を手放さない、という人もいるだろう。

しかし、複数のスクリーンを行ったり来たりするのは脳によくないらしい。ドーパミンの分泌が促され、薬物を使用したときのような”ハイ状態”になり、IQ低下を招く可能性があるのだという。

薬物使用時の脳に類似

コペンハーゲン大学の研究者らによると、複数のスクリーンを同時に見ることで、ホルモンの一種ドーパミンをつくるLドーパと呼ばれる化学物質が放出される。

これは”同時スクリーン”でドーパミンのレベルが上がることになり、薬物使用時の脳に近い状態なのだという。結果としてIQの低下などを招く。

記憶の保管場所に変化

研究によると、通常、記憶というのは脳内の海馬部分に蓄積し、そこでカテゴリーや日時別にきちんと整理される。

しかし、”同時スクリーン”時の記憶というのは線条体部分に保存されるのだという。この部分はモチベーションなどに関わる分野で記憶の保管に適した場所ではないとのこと。

結局、線条体にたどりついた記憶の内容を思い出すのは難しくなる。なので、スマホをいじりながら見たテレビの内容は記憶に残りにくいということになり、逆にテレビを見ながらチェックしたメールの内容もあとで思い出しにくくなる。

テレビを見ている最中にメールやSNSのチェック、というのは普段何気なくやっていることだが、脳が薬物使用時に近い状態になると聞くと、あらためた方がよさそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking