座っているより立ち姿勢の方が集中力がアップし、学習効果が高まる:米研究

Text by

  • 2
123RF

123RF

どこの学校でも、教室には机とイスがあり、子どもたちはイスに座って授業を受ける。

だが、立った状態で授業に臨む方が子どもの集中力が高まり、積極的に授業に参加する傾向にあることが米国の研究で明らかになった。

授業に積極的に参加

テキサスA&Mヘルス・サイエンス・センターの研究チームが小学2年〜4年の学童300人を対象に、立った状態と座った状態で授業を受けた場合を比較。

子どもたちが授業中どれくらい手を挙げるか、どんなふうに質問に答えているか、議論に参加しているかなどの言動をモニターした。

それによると、立ち姿勢の子どもの方が授業に集中し、積極的に発言。 立ち姿勢の子どもの授業への参加度は座り姿勢の子どもより12%高く、1つの授業の中で学習に没頭する時間も7分長かったという。

授業は立って受けるべき?

研究を行ったマーク・ベンデン准教授は「立つだけで授業の邪魔になるような問題行動を減らせ、集中力も高められるというのは驚き。人は”地”に足をつけた方が物事をよく考えられるようにできているのかもしれない」と話す。

ベンデン准教授はまた「授業にどれだけ集中できるかというのは、学習効果に直結する」と話し、立ったまま授業に参加することのメリットを指摘する。

今回の研究は児童を対象に行われたが、これは案外大人にもあてはまり、デスクワークを立って行うと効率が高まるのかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking