あなたはどのタイプ?仰向け、横向き…寝る姿勢で明らかになる性格診断

2015年06月21日 09時00分

2015年06月21日 09時00分

123RF
123RF

あなたは毎日ベッドに入ってどんな姿勢で眠りにつこうとしているだろうか。

どちらか横を向く、大の字になる、あるいはうつぶせになる−などと人それぞれに癖があるだろう。その寝る時の姿勢には実は性格や精神状態が表れるのだとか。

海外のニュースサイトにある「寝方による性格診断」を紹介しよう。

1. 体を丸める

左右どちらか横を向いて体を丸めて寝る、胎児のポーズをとる人は「戦士タイプ」。人前ではタフに振る舞うが、本当はとてもナイーブな人なのだとか。

2. 丸太のように真っ直ぐ

仰向けで、体も両手も真っ直ぐの姿勢で寝る人は「ボスタイプ」。頑固で、我が道を行く人が多い。

3. 両手を頭で組む

丸太ポーズのように体は真上を向いて真っ直ぐでも、両手は頭のところで組んで眠る人には、人好きのするタイプが多いとのこと。

というのも、人の話をよく聞き、困っている人を助けようとするから。

4. うつぶせ寝で顔は横向き

うつぶせに寝て、手は枕のあたりに置き、顔は左右どちらかを向くという人には神経質な人が多い。

深い悩みを抱えていたり心配事が多かったりしたとき、このポーズを一時的にとることも。

5. 横向きで手は体の前

横を向き、体の前で両手を組んで寝る人はだまされやすく、また皮肉屋なのだとか。

同じ横向きでも、手をのばして寝るという人にはオープンな性格が多い。

いかがだっただろうか。普段、寝方を意識していないという人は今夜あたりチェックしてみる?

注目の記事