貧乏ゆすりに健康メリットあり!肥満や病気を遠ざけるとの研究結果

Text by

  • 4
123RF

123RF

隣や目の前に座っている人が絶えず貧乏ゆすりをすると落ち着かないものだ。

どちらかといえばネガティブな印象が先行する貧乏ゆすりだが、実は健康メリットがあることが明らかになった。BMI(肥満度)指数などが”健全”になる効果が期待できるという。

座り姿勢のデメリット軽減

専門誌「American Journal of Preventive Medicine」に論文が発表された。

最近の研究で、長時間座ったままの姿勢でいるのは健康によくないことがわかっている。具体的には、心臓病などのリスクがアップし、死亡率が高まるというものだ。

しかし、英リーズ大学とユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの共同研究によると、長時間座り続ける時に貧乏ゆすりをすると、その座り姿勢のデメリットを軽減できるとのこと。

インシュリン反応が良好

研究チームは、35〜69歳の女性1万4000人の食生活や運動習慣、病歴、そして貧乏ゆすりの癖の有無などを調査した。

その結果、長時間座ることが多い人の中で、貧乏ゆすりをする人ではBMIに加え、グルコースやインシュリン反応など、健康に関連する指数がよいことがわかった。

研究著者の1人、Gareth Hagger-Johnson博士は「長時間じっと座っているというのが一番よくない。貧乏ゆすりをするだけで健康への悪影響を軽減できる」と話している。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking