超緻密!ダンボールから作られた「R2-D2」のクオリティがヤバすぎる!

Text by

  • 1
Twitter/@mbrid02

Twitter/@mbrid02

『スター・ウォーズ』に登場するキャラクター・「R2-D2」の“ダンボールアート”のクオリティが凄いと、Twitterで話題になっています。

細部まで見事に再現

この作品は、ダンボール作家の大野萌菜美(@mbrid02)さんの作品です。

大野さんはダンボールをかたどり、さまざまな“ダンボールアート”を作っています。

Twitter/@mbrid02

Twitter/@mbrid02

作品に取り掛かる前、ラフスケッチのような図面を書いて作品のイメージを固めるそうです。

ロボットなどの“ダンボールアート”は、パーツごとに分けて作成していきます。

Twitter/@mbrid02

素材がダンボールのため、「R2-D2」の頭部の丸みを出すにも一苦労。

Twitter/@mbrid02

さらに、カッターで切り込みを入れて影を作り、作品に立体感を持たせます。

Twitter/@mbrid02

それぞれのパーツを組み立てていき、ようやく「R2-D2」が完成!

Twitter/@mbrid02

Twitter/@mbrid02

これに対して「コレ、素晴らしいですね」、「かっかなりカッコイイです!」、「これがダンボールとは…」といった驚きの声が届いていました。

なんでも作れるダンボールアート

このほかにも、大野さんのTwitterアカウントには、クオリティが高い「ダンボールアート」の作品が公開されています。

Twitter/@mbrid02

Twitter/@mbrid02


Twitter/@mbrid02


Twitter/@mbrid02


Twitter/@mbrid02

「ダンボールアート」の立体的で重厚感に溢れた完成度に驚きますね。

大野さんの作品が気になる人は、ぜひTwitterアカウントをチェックしてみてください。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking