まるで宝石のような美しさ!「琥珀糖」という和菓子のレシピがネットで話題に

Text by

  • 8
Twitter/@0richan0

Twitter/@0richan0

鉱物ような形をした「琥珀糖」といわれる和菓子のレシピに注目が集まっています。

伝統的な日本の和菓子

このレシピを投稿しているのは、りささま(@0richan0)さん。

「琥珀糖」は、寒天と砂糖から作られた日本の伝統的な和菓子です。

Twitter/@0richan0

Twitter/@0richan0

鉱物や宝石のような美しさで、外はシャリッと、中はゼリーのような食感が楽しめます。

これを自宅で作るには、少しハードルが高いような気がしますが、意外とシンプルな材料でできることから、自宅で手作りする人も多いんだとか。

Twitter/@0richan0

Twitter/@0richan0

過去にも、SNSやネットで「琥珀糖」のレシピが話題になっています。

このツイートで、再び「琥珀糖」のレシピが反響を呼び、「フローライトの結晶の色みたいで綺麗ですね食べるのが勿体無い」といったコメントが寄せられていました。

「琥珀糖」の作り方

では、さっそく「琥珀糖」のレシピについてお伝えします。

Twitter/@0richan0

Twitter/@0richan0

【材料】
水……200cc
粉寒天…5g
グラニュー糖…330~350g
リキュール、アイシングカラー、食紅など適量(※少量の水で色合いを調整)

【作り方】
1.リキュールや食紅などで作った「色水」を型に入れて用意する
2.鍋の中に水と粉寒天を入れ、沸かして粉寒天を溶かす(※焦がさないように注意)
3.粉寒天が溶けたら、グラニュー糖を加えて中火で糸が引くまで煮込む
4.色水が入った型に「3」を入れて、冷蔵庫で1時間ほど冷やす
5.冷えたら「琥珀糖」のタネを好みの大きさにカットする
6.クッキングシートの上にタネをのせて4日間ほど陰干しする

じっくり待つべし!

なお、りささまさんは「琥珀糖」を作る際のコツや、ポイントについてもツイートしています。

グラニュー糖の量は多めの方が固まりやすくなることや、ジュースで色付けすると固まりにくくなる場合もあるそうです。

また、混ぜた材料や気候の違いで、タネが固まる時間も変わってきます。

Twitter/@0richan0

Twitter/@0richan0

そのため、タネが固まるまでじっくり待つことがポイントだそうです。

Twitter/@0richan0

Twitter/@0richan0

時間をかければ、キラキラとした美しいお菓子に仕上がります。

ぜひ、この機会に「琥珀糖」のレシピにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking