目撃情報が多発した「透明な犬・マックス」の飼い主・魔法使いアキットさんに話を聞いてみた!

Text by

  • 0
Instagram/mahoutukai.akitto

Instagram/mahoutukai.akitto

2016年の年明け、長野駅周辺で目撃情報が多発した「透明な犬」を散歩している動画が、Twitterやネットで話題になりました。

散歩中の犬が見えない!

1月7日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)や、その後も各局で「透明な犬」の特集が組まれています。

一見、普通に犬の散歩をしているようですが、犬の姿がどこにも見当たりません…。

しかし、犬の動きや鳴き声などから、犬の存在感を強く感じてしまいます。

この「透明な犬」がリアルすぎると反響を呼び、Twitterやネット上に瞬く間に拡散しました。

透明なのに犬の存在を感じる!!

Twitterでは「透明な犬」の様子をおさえた動画が多数公開されています。

突然の出来事に、大勢の人々が驚いていました。

皆を楽しませるために…

さらに『とくダネ!』では「透明な犬」の飼い主が、長野県出身のマジシャン・魔法使いアキットさんであることが明かされました。

Instagram/mahoutukai.akitto

Instagram/mahoutukai.akitto

長野に帰省した際に、サプライズを起こして、皆を楽しませるために「透明な犬」と散歩していたそうです。

今回は、魔法使いアキットさんへお話を伺ってみました!

Qマジックを始めたきっかけは?

4歳の時に保育園の先生に簡単なマジックを見せてもらったのが、きっかけです。一番最初に見たのは、キャラメルが箱から出たり消えたりするマジックでした。それから不思議な事が大好きになりました。

Q年末年始に「透明な犬マックス」と散歩していたそうですが、実際に散歩された期間はいつ頃ですか?

12月24日のクリスマスイブ、12月31日、1月3日。各3時間ほどの散歩をしたところで、ネットで話題になりました。

Q「透明な犬」にマックスと名前を付けていますが、名前の由来を教えてください。

もともと透明な犬は、中学生時代に僕がマジックをやっているのを知っている友達が飼っていた犬が亡くなり、ボソッと「手品で生き返らせてよ」と言われたのがきっかけで作りました。

それを今突然、手直しして散歩をさせようと思い立ったわけですが、もともと名前はなかったので、名前をつけようと考えていたところ、お散歩させようと思っていた日(クリスマスイブ)に関係性をもたせようと思いました。Xmas → maxクリスマスのつづりを見て思いつきました。

Instagram/mahoutukai.akitto

Instagram/mahoutukai.akitto

Q「透明な犬・マックス」を散歩させる際のポイントや、リアルな動きに見えるようなコツはありますか?

あえてシンプルなモノで「透明な犬」を表現していますが、そこに一匹の意志があって、初めて命を吹き込むことができます。できる限り、普通の犬に近い行動ができるように考えています。なのでいろんな声で鳴きます。

勝手に引っ張って進みますし、突然立ち止まったりもします。見えないオシッコもしますし、見えないドックフードも食べます。犬のおもちゃを投げると、きちんとくわえて持ってきてくれます。

Instagram/mahoutukai.akitto

Instagram/mahoutukai.akitto

Qマジックをする上でのこだわりや、大切にしていることはありますか?

ジャグリングやアートバルーン、サンドアートなど、マジックの他にも多ジャンルのパフォーマンスを織りまぜて、いつも、作品にストーリーがある事を心がけています。ただ「手品がすごかった」と驚くだけでなく、心にしみる「魔法」であってほしいといつも考えています。

-ありがとうございました。

魔法使いアキットさんのマジックに対する愛情が伝わってきますね。

なお、2月には、新宿でスペシャルマジック教室を開催するそうです!

あの「透明な犬」を近くで見られるかもしれません!詳細については魔法使いアキットさんのオフィシャルブログまで。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking