「作ってみたらハマった!」ハイクオリティの“キャラ菓子”をつくる和菓子職人に話を聞いてみた

Text by

  • 10
Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

アニメや漫画などのキャラクターを和菓子にした「キャラ菓子」に注目が集まっています。

食べるのがもったいない和菓子

これは、オ匠@キャラ菓子(@otakumi_wagasi)さんが作った和菓子です。

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

オ匠@キャラ菓子さんは、アニメや漫画に登場するキャラクターで「キャラ菓子」を作っています。

今回は、テレビアニメ『おそ松さん』の六つ子のキャラクター・カラ松を「キャラ菓子」にしてTwitterに公開。

この和菓子のクオリティが凄いと反響を呼び「細かくてすごい!!美味しそう!!」、「茶道部で食べたいですね…(もったいないけど…)」といったコメントが寄せられていました。

おそ松さんの「キャラ菓子」

また、カラ松のほかにも、十四松やトド松などの「キャラ菓子」も作成。

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

時間ができれば、六つ子のキャラクター全員を「キャラ菓子」で作りたいそうです!

余った生地で作ってみたら…

オ匠@キャラ菓子さんが作る「キャラ菓子」は、趣味で作っており販売していないんだとか。

今回は、オ匠@キャラ菓子さんにお話しを伺ってみました。

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

Q.「キャラ菓子」を作ってみようと思ったきっかけを教えてください。

仕事で余った生地がキン肉マンに見えたので、作ってみたらハマった。もともとアニメや特撮、ゲームが大好きなので作り始めると楽しくて止まらなくなったんです。

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

Q.アニメや漫画のキャラを和菓子にする場合、先にキャラの下書きを描いて形を決めてから作るのか、またはキャラをイメージしながら和菓子を作っているのでしょうか?

下描きは全くしません。作るキャラを決めて、自分の持ってるコミックやDVD、レコーダーの録画から使えそうな物を探すか、ネットの画像検索で使えそうな物を持ってきて、参考にして作ります。

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

Q.今まで作った「キャラ菓子」の中で、一番苦労した作品と難しかった部分について教えてください。

デュラララの平和島静雄がかなり苦労した覚えがあります。難しかった部分は、サングラスから透けて見える目と金髪のハネ具合ですね。サングラスは寒天を使って透け感を出すのは問題ないのですが、目をどのくらい見える透け感にするのか苦心しました。

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

金髪×サングラスのキャラは他にもたくさんいて、金髪のハネ具合によっては別のキャラにも見えかねないので、平和島静雄というキャラ独自のポイントになる髪型のクセを研究しました。

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

Q.「キャラ菓子」を作る上でのこだわりや大切にしていることはありますか?

いい作品にするために必要な事と同じなのですが、「愛情」と「楽しむこと」ですね。作るキャラクターの性格や物語が作った「キャラ菓子」の表情に表れてくるので、作品やキャラクターをよく知ることと、キャラクターへの愛情は大切だと考えています。

また、自分自身がワクワクすると、作品の表情がさらにイキイキしてくるので、楽しむことも心掛けています。

-ありがとうございました。

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

Twitter/@otakumi_wagasi

今後も、どんな作品を発表してくれるのか楽しみですね!

「キャラ菓子」が気になる方は、ぜひ、オ匠@キャラ菓子さんのTwitterアカウントをフォローしてみてはいかがでしょうか?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking