お医者さんも推奨!?メキシコ人にとっての「コーラ」の偉大さを描いた4コマが笑える

Text by

  • 2
Twitter/@moiraimoirai

Twitter/@moiraimoirai

メキシコで「コーラ」が万能薬のように扱われている様子を描いた漫画に注目が集まっています。

メキシコで「コーラ」は万能薬

「欧米ではコーラが薬は常識」という記事を読んだモイライ(@moiraimoirai)さん。

その記事を元に、モイライさんがメキシコで体験した「コーラ」のエピソードを漫画にしTwitterに公開しました。

Twitter/@moiraimoirai

Twitter/@moiraimoirai

メキシコではミネラルウォーターよりも、安全に水分と糖分を摂取できる「コーラ」が万能薬のように扱われています。

食あたりで、病院を受診した際も医師から「コーラ」を飲むように勧められたそうです!

ツイートには「コーラってもともと薬だったんだよ」、「日本でいうポカリ的な」、「私のコーラの認識が崩壊していく…」といったコメントが寄せられていました。

「コーラ」は薬用酒だった

もともと「コーラ」は薬用酒として、1885年頃からアメリカで販売されていたそうです。

アメリカの自然療法医が、自らのモルヒネ中毒を治療するために「コカイン」を使った薬用酒を開発。

photoAC/カメラ兄さん

photoAC/カメラ兄さん

ワインに「コカイン」とコーラエキスを調合し、精力増強剤頭痛の緩和に効果があるとされていました。

Shutterstock

Shutterstock

しかし、コカインの中毒性が問題視され、ワインを代用して炭酸水に風味を付けるシロップが誕生。それに『コカ・コーラ』と名付け頭痛薬として販売していたそうです。

なお、1903年に『コカ・コーラ』の調合から「コカイン」が取り除かれ、代わりとして「カフェイン」が用いられました。

旅先での応急手当として…

ネット上では、「コーラ」の漫画について、さまざまな反響を呼んでいます。

海外で旅行中、体調不良になってしまった時の応急手当の1つとして覚えておくと良さそうです。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking