文字と文様を組み合わせた切り絵『彩文字』が美しい…!

Text by

  • 1
Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

文字と文様を組み合わせた『彩文字』という切り絵に注目が集まっています。

漢字を文様で彩る『彩文字』

これは、切り絵・クリエイターの山田美香(@m.y1010)さんの作品です。

Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

山田さんは、文字と文様を組み合わせた『彩文字』という切り絵をInstagramに公開しています。

まずは、題材となる文字、その文字に合せた紙、文字を連想させる文様を決めるそう。

そして、文字と文様をデザインし、切り絵として表現します。

Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

また「1日1文字製作」を目標としており、毎日、Instagramで『彩文字』の作品を発表。

繊細にカットされた『彩文字』は、ずっと眺めていたくなる美しさです。

Instagramのコメント欄には「とてもキレイですね」、「高貴な春…」、「大好きな春、大好きな色、飾っておきたいです~」といったコメントが寄せられていました。

季節感などを大切に

それにしても、なぜ『彩文字』という、切り絵の制作を始めたのでしょうか?

切り絵・クリエイターの山田さんへお話を伺ってみました。

Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

――切り絵はいつ頃から、始めましたか?

本格的に始めたのは2014年からです。図案師の古城里紗さんと伊勢型紙彫刻師、内田勲さん(伝統工芸士)のワークショップを企画したことがきっかけです。

Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

――文字と文様を組み合わせた『彩文字』のアイデアは、どのようにして思いついたのでしょうか?

象形文字やヒエログリフなど、文字そのものが好きなこと。

また着物の文様を勉強したいという思いから、漢字を文様で彩る『彩文字』が生まれました。

―― 今まで制作した『彩文字』のなかで、一番、難しかった作品は、どの作品でしょうか?

特別、難しかったと思うものはないのですが、時間が掛かったのは「福」をさかさまにした作品です。

Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

――その作品に、どのくらいの制作時間が掛かりましたか?

デザインの時間も含め、3、4時間ほどでしょうか。Instagramに投稿している作品は、1日1文字製作としているので、あまり時間が掛からないデザインにまとめています。

Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

――『彩文字』を制作する上でのこだわりや、大切にしていることはありますか?

季節感や二十四節季などの暦を大切にしています。

四季のある日本に生まれ、それを表現する漢字や文様があるので、それを生かしたいと思っています。

―― ありがとうございました。

Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

Instagram/@m.y1010

どの『彩文字』も、季節感にあふれた素晴らしい作品ばかりでしたね!

山田さんの作品が気になる方は、ぜひInstagramをチェックしてみてください。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking