『ペヨング』の包装フィルムだけで作った「ジオング」のクオリティが凄すぎる!

Text by

  • 1
Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

『ペヨング』の包装フィルムで作られた「ジオング」のクオリティが凄いと、Twitterで話題になっています。

包装フィルム製の「ジオング」

この画像を投稿しているのは、クリエイターのエンドケイプ (Endcape @endcape)さん。

これは、エンドケイプさんが『ペヨング』の包装フィルムだけで作った「ジオング」です。

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

「ジオング」とは、『機動戦士ガンダム』シリーズに登場する架空の兵器のこと。

包装フィルムを色別に細かくカットして、ちぎり絵の要領で作ったそうです。

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

「ジオング」の制作に5箱の『ペヨング』と、完成までに12時間も掛かったそう。

また「ジオング」が“オールレンジアタック”の攻撃ポーズをキメているところもカッコイイです!

ツイートには「これは凄いです!」、「すごすぎて感動しました」、「これは素晴らしい!!(゚∀゚)」といったコメントが寄せられていました。

パッケージの色で判断

今回、エンドケイプさんに「ジオング」を作ったきっかけを伺ってみたところ…。

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

「ペ・ヨンジュン、ジュディ・オング、ジオングの中で、最もペヨングパッケージ色でできそうなキャラが“ジオング”だったから」だそうです。

さらに「ジオング」のポイントは、「ジオング胸部のスラスター部分の造形をバーコードで表現している部分」とのことでした。

押しピンでバナナに絵を描く!?

ほかにも、エンドケイプさんのTwitterアカウントには、押しピンを使ってバナナに絵を描いた「バナナート」という作品も公開しています。

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

Twitter/@endcape

「バナナート」の作品も、手先が器用というレベルをはるかに超えるものばかりですね!

エンドケイプさんの作品が気になる方は、ぜひTwitterアカウントをフォローしてみてはいかがでしょうか?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking