これは欲しい!「藤壺 ミニ封筒」が可愛すぎるとネット上で大反響

Text by

  • 2
画像提供 / 株式会社マルアイ

画像提供 / 株式会社マルアイ

『株式会社マルアイ』から、2016年2月に発売された「藤壺 ミニ封筒」が可愛すぎるとネット上で話題になっています。

「藤壺 ミニ封筒」はどのようにして生まれたのでしょうか?マルアイの担当者に開発秘話をお伺いしました。

――商品について教えて下さい。

誰もがなじみの深い事務用封筒たちを、自社工場で製造可能な一番小さいサイズにしました。

マルアイの封筒商品を、そっくりそのまま約40%サイズに縮小しています。

画像提供/株式会社マルアイ

画像提供 / 株式会社マルアイ

――商品が生まれた背景を教えて下さい。

マルアイは長年人々の暮らしに密着した日用紙製品を作り続けてきました。

その歴史や商品を大切な財産と考え、それらの価値や技術・素材・デザインなどをヒントに、新たな商品を作り出すという取り組みを続けています。

マルアイの封筒ブランド “藤壷” が誕生して、今年で60年。送り出した封筒の数は、およそ400億枚に上ります。

その長年愛され続けてきた “藤壷” の心を受け継ぎつつ、楽しいデザイン性と実用性を兼ね備えた、新たな封筒として生まれたのが「藤壷ミニ封筒」です。

――こだわった点について教えて下さい。

封筒メーカーとして、きちんと「使える封筒」を作ることにこだわりました。

お金を入れてぽち袋やお小遣い袋として、切手やクリップなどを入れて手帳やデスクの中の小物入れに、小さなお手紙を贈ってみても…など、使ってもらいたいシーンをイメージしながら作りました。

封筒

画像提供 / 株式会社マルアイ

パッケージも、歴代の藤壷封筒をお手本に、事務封筒らしいデザインに仕上げています。

――ありがとうございました。

価格は1袋10枚入りで各300円(税抜)です。

思わず手に取ってみたくなる、小さくて可愛らしい封筒ですね。お小遣い袋や、小物入れとして活用してみてはいかがでしょうか?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking