シェア

旅館の宿泊プランに「作家パック」があるとネットで話題!代表者に話を聞いてみた

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

とある旅館の宿泊プランに「作家パック」があると、Twitterで話題になっています。

「作家パック」がある温泉旅館

「作家パック」の宿泊プランを提供しているのは、群馬県吾妻郡にある『四万温泉 柏屋旅館』。

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

1950年(昭和25年)に「柏屋衣料店」として創業したそうです。

そして、1976年(昭和51年)に2代目の柏原達三が「民宿柏屋旅館」を開業しました。

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

その後、1980年(昭和55年)に増改築をし民宿から旅館に変更。

四万温泉 柏屋旅館』となり、8部屋だった部屋数を15部屋にしたそうです。

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

なお「柏屋衣料店」だった建物は、2002年(平成14年)に衣替えし、「柏屋カフェ」として営業中とのこと。

そんな中、『四万温泉 柏屋旅館』の宿泊プランである「作家パック」に「興味がある」「いいですね」といった声が…。

とあるユーザーが「旅館に『作家パック』なんてのもあるんだ!」とツイートしたことから、Twitterを中心に話題になっています。

柏屋旅館で書いた本がベストセラーになったら…

なぜ、「作家パック」という宿泊プランを始めたのでしょうか?

四万温泉 柏屋旅館』の代表取締役、柏原益夫さんへお話を伺ってみました。

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

―― 宿泊プランに「作家パック」を取り入れてみようと思ったきっかけは?

柏屋にはもともと、ひとり旅のお客さまが多く、また、仕事半分・リフレッシュ半分みたいなお客さまも多かったのです。

四万温泉自体にも、古くから文人墨客が滞在していました。(若山牧水、太宰治、井伏鱒二、与謝野晶子など)

柏屋旅館で書かれた本がベストセラーになったらとても嬉しい…こんな思いからです。

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

―― 「作家パック」の宿泊プランは、いつ頃から始めましたか?

2010年頃です。

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

―― 特典もユニークですが、とくに特典4については、どのようにして生み出されましたか?

【特典】
1:ランチに使える金券「しまおん銭」が一泊あたり1,000円分つきます。
2:目に良い!と言われている「ブルーベリージュース」、「メグスリノ木のお茶」付き
3:2泊目以降は、ご夕食に替えて「しまおん銭」3,000円を選ぶこともできます。
4:わたしたちでよろしければ、いつでもブレストのお相手もさせていただきます笑

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

実際にビジネス本作家の方に、お泊まりいただいていて「専門知識などなくてもいいので、話を聞いてくれるだけで仕事がはかどることもあるんだよ」と教えていただいたのがきっかけです。

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

―― 「作家パック」を利用して宿泊されたお客様の反応を教えてください。

実際には利用者の中に作家・ライターはほとんどいません。

でも、仕事を持ってこられる方は多いです。

3カ月ごとにここに泊まって仕事をまとめる方、日常から切り離して経営計画や一年間の目標をまとめる方など…。

あとは、お得なひとり旅連泊プランとして使う方も多いです。

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

―― 最後に『四万温泉 柏屋旅館』の魅力とは?

・若くてハツラツとしたスタッフが、一生懸命、接客しているところ
・フレンドリーなところ
・地産地消で野菜をたくさん使った料理
・チェックアウトが12時なのでのんびり滞在できる
・3つの無料貸切露天風呂
・昭和レトロな内外装
・こじんまり感

といったところでしょうか。

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

画像提供/『四万温泉 柏屋旅館』

―― ありがとうございました。

古くから有名な文豪も訪れていた温泉街だったんですね!

ちなみに「作家パック」は2泊目から、利用できるプランだそうです。

小説家など執筆業を目指している方は、ぜひ『四万温泉 柏屋旅館』の「作家パック」を利用してみてはいかがでしょうか?

Posted: |Updated:

Text by

前の記事を見る

次の記事を見る

注目の記事

Ranking