自動車メーカー「プジョー」が革新的な“未来のピアノ”をデザインして話題に!!

Text by

  • 38
PEUGEOT DESIGN LAB

PEUGEOT DESIGN LAB

車や自転車で有名なフランス自動車メーカーのプジョー社がフランスの歴史あるピアノメーカープレイエルと共同で革新的なピアノをデザインした。この“未来のピアノ”の製作のために両社からのデザイナーと製作技術者、音響技術者達による数か月のテスト、リサーチや研究が行われた。

PEUGEOT DESIGN LAB

空気力学を駆使し、合理化されたデザインによって音質は格段にアップし、伝統的なこれまでのグランドピアノと最も違う点は鑑賞者がピアニストやピアニストの手の動きが見やすいようにデザインされているという点である。これはピアノ本体全体を低くして、ピアノの上蓋と鍵盤を同じ高さにすることで実現された。また上蓋は片手で開閉可能にし、従来の支えを取り払うことで視界をさらにクリアにすることができた。この上蓋の仕組みのアイデアは車のトランクの扉から得たものだという。

PEUGEOT DESIGN LAB

さらにグランドピアノを支えていた3本脚も片側だけの脚に変えて、観客席から観ると重たい楽器がステージ上に浮いているような感覚を与える効果を生み出しているという。

蓋と脚は軽量の炭素繊維で作られており、音の反響にも適しているという。中央のフレームは重さを支えられるように鉄製で、脚はウレタンフォーム製で音質をコントロールしやすくなっている。

PEUGEOT DESIGN LAB

伝統的なピアノ業界にこの革新的なピアノが実用化されるのかは不明だが、ピアノを実際に演奏する人がピアノコンサートなどに鑑賞に行く場合は、ピアニストの指の動きが見えるようにステージに向かって左側の座席を押さえると聞いたことがあるので、このピアノがコンサートで実用化されたら鑑賞者にとっては生演奏を鑑賞する際の楽しみが増えるかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking