朝食前の運動がダイエットには最も効果的だと判明 英調査

Text by

  • 3
Mail Online

Mail Online

ダイエットのためにジムに通ったりジョギングなどの運動を始めたりしようかとお考えの方には、朝食後ではなくて朝食前の運動がおすすめだ。

食事後の運動の場合たべたもののエネルギーを直接消費して脂肪が燃焼しにくい状態になる。しかし空腹時の運動の場合は体内に蓄積された脂肪をエネルギー源として燃焼させることから最も脂肪が燃焼されやすくなる。

調査は英グラスゴー大学のDr Jason Gillによって行われた。10人の男性を対象に運動せずに朝食を食べた場合、朝食前に1時間のウォーキングをした場合、朝食後に運動した場合とで脂肪の燃焼を計測した。もちろん何もしない場合より、運動した場合の方が脂肪の燃焼は大きかったが、朝食後に運動した場合より、朝食前に運動した時の方が33パーセントも脂肪の燃焼が大きかったという。

朝食を食べないとどうしても力が出ないという方もがっかりしないで欲しいとDr Gillは語る。「最も大切なことは何かをするということで、運動しない場合に比べて運動することは大きな効果があるのですから。」

毎日仕事が忙しくて運動ができないという方は、出勤前に少しでも歩く機会を作って会社の近くで朝食を食べるというのも良いかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking