ノートパソコンが不妊の原因と判明!パソコンの使用を止めたら3か月後に無事に妊娠

Text by

  • 0
Portsmouth News / Solent News

Portsmouth News / Solent News

イギリス南岸のハンプシャー州に住む30歳の夫婦が不妊に悩み、病院で検査を受けたところ、不妊の原因は夫が使用していたノートパソコンによる熱と言われて唖然とした。

彼らは妊娠を6か月間試みたが、なかなか子どもができなかった。夫のスコット氏は21才の時におたふくに罹ったのが原因で不妊の原因は自分にあるのではないかと心配して、病院で精子検査を受けることにした。検査の結果、彼の精子は健康的な量ではあるが、熱によるダメージを受けていることがわかった。顕微鏡の下で彼の精子のしっぽは頭の方にくるりと巻きついているのが見え、卵子に向かって早く泳げないことが判明した。

妻のローラさんによると、スコット氏は毎晩数時間膝の上にノートパソコンを置いて、仕事をしたり、Facebookをしたりして過ごしていたという。

医師のアドバイスでパソコンを膝の上に載せずに、テーブルに置いて使用して、それまでの膝の上のパソコン使用を止めた3か月後に彼らは無事に妊娠し、授かった女の子の赤ちゃんは今はもう10か月で、元気につかまり立ちをしている。

Portsmouth News / Solent News

スコット氏は次のように語っている。

「男性は恥ずかしがって、精子検査に行きたくない人も多いと思う。僕は単純に子どもが欲しかったから、すぐに病院に行って検査をしたんだ。ノートパソコンが原因と言われるなんて、思ってもみなかったことだったよ。子どもを望む男性には怖がらずに、病院に行って検査をすることをおすすめするよ。」

不妊の原因は様々で、なかなか人に相談しづらいテーマでもある。ただ、彼らのように思いがけないことが原因だと判明するならば、一つの手段として検査を受けることは大事な最初のステップかもしれない。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking