【ベルギー発】一度泊まったら忘れられないインパクト大の人の大腸の形をしたユニークなホテル

Text by

  • 1
Anda Van Riet / Verbeke Foundation

Anda Van Riet / Verbeke Foundation

普通のホテルの宿泊に飽きてきた方に一見奇妙なデザインのホテルをご紹介しよう。ベルギーのアントワープとゲントの間の島に建てられたHotel CasAnusはオランダ人デザイナー、Joep Van Lieshoutによるもので外観は人間の大腸の形で、その一番先お尻の穴というユニークなホテルである。

こんな変なホテルに泊まるなんてとんでもない、と思う人もいるかもしれないが、驚くことに、オープン以来多くの人がこのホテルに興味を持ち、利用しているという。内装はそれほどひどくなく、ダブルベッド、シャワー、セントラルヒーティングと三ツ星クラスのアメニティも完備されている。ホテルの経営はベルギー人の芸術愛好家Geert and Carla Verbeke-Lensが行っており、この部屋は彼らが経営する広大なVerbeke Foundation 彫刻公園の中のオブジェの一つでもあるので、ここに宿泊すれば他の展示物も見学できるしアクティビティにも参加可能だ。経営者によると自然に囲まれた環境なので、静かな安眠も保障され、夜には窓から池の黒鳥やカエル、美しい星空などが楽しめるとのことだ。彫刻公園には年間2万人を超える入場者がいるそうだが、その多くはこの部屋に宿泊していくらしく、変わりモノ好きの旅行家やアーティストなどが泊まっていったとのことだ。

Le Mat

Thomas Wilemsen

ton Bouton

宿泊料金は一泊朝食付きで120ユーロ(約1万3千円)と、それほど高くはない。だが、巨大な大腸のレプリカの中で食べる朝食はどんな気分だろうか。是非試してみてはいかがだろうか。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking