【風邪にチキンスープ最強説】スープに含まれる成分が体内の免疫システムを補助する働きがあることが科学的に判明! 米研究

Text by

  • 2
flickr_bour3

flickr_bour3

これから風邪やインフルエンザが流行する季節だが、チキンスープが風邪の治癒やインフルエンザの初期症状に効果的だということが新たな研究で明らかになった。

研究を行ったのはAmerican Journal of Therapeuticsで、チキンスープに含まれる栄養素カルノシンが体内の免疫システムを助ける働きをすることが判明した。だが、専門家によると、スープが体内から排泄されるとその効果はなくなるので、効果を得るためにはかなり頻繁にスープを飲むことが必要のようだ。

チキンスープと風邪の治癒との関係の研究が行われたのは今回が初めてではない。10年以上前にネブラスカ大学のDr Stephen Rennardが彼の妻が先祖から受け継いだレシピのチキンスープがなぜ風邪に効果があるのかを研究したことがあった。その結果、スープが感染を防ぐ白血球の一種である好血球の動きを抑制することが明らかになった。Dr Rennardは感染と闘う細胞の体内移動を抑えることで、チキンスープが風邪の症状を和らげる働きをすると理論づけた。彼の研究では具体的に何の成分が働くのかを特定することができなかったが、今回の研究でカルノシンという成分だと判明したのだ。

実験に使ったチキンスープに入っていたのは鶏肉、玉ねぎ、さつまいも、パースニップ、カブ、ニンジン、セロリ、パセリ、塩、胡椒である。

冬になると鍋を囲む機会が増えると思うが、風邪気味の方には鶏鍋などいかがだろうか?

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking