妊婦の喫煙が胎児に及ぼす影響をとらえたエコー写真が衝撃的

Text by

  • 5
Durham University

Durham University

タバコは百害あって一利無しなのはご存じの通り。

特に妊婦の喫煙は、自分の体だけでなくお腹の赤ちゃんにも悪影響をもたらすとされており、このほどそれを証明するような研究結果が発表された。

英ダラム大学のNadja Reissland氏らがおこなった研究によると、妊娠24~36週目までの胎児20人のエコーを撮ったところ、妊婦の喫煙は胎児の口や手の動きに影響し、中枢神経の発達に欠陥が生じる可能性があることがわかったそう。

下の写真は、タバコを吸わない妊婦のお腹のエコー写真で、胎児はリラックスしてじっとしている様子がうかがえる。

Durham University

一方、1日に平均で14本タバコを吸う妊婦の胎児は、しきりに手を動かし、顔を触っている。

この状態は、ひどいストレスを感じていたり、うつの症状がある妊婦の胎児と似ているが、それよりさらに深刻だという。

Durham University

胎児がお腹の中で口を動かしたり自分を触ったりするのはよくあることだが、通常は成長が進むにつれて運動機能が発達し、こういった行動は減ってくるものだと研究者ら。

なぜこのようなことが起きるのか、その理由についてReissland氏らは、顔の動きなどをコントロールする中枢神経がニコチンにさらされると、成長の仕方や速度が正常ではなくなるからではないかと推測している。

Posted: |Updated:

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking