【画像】砂漠の街ドバイに現れた朝もや海 夜明けの摩天楼をとらえた息をのむ写真

Text by

  • 2
National News and Pictures

National News and Pictures

SF映画のワンシーンを思わせるが、これは夜明けを迎えるドバイの摩天楼の風景だ。

ドバイ在住のドイツ人写真家Bjoern Lauen氏(32)は、日の出の時間を狙って世界一高いビル(828m)「ブルジュ・ハリファ」の近くのビルに上がり、この息をのむような光景を写真に収めた。

季節の変わり目にあたるこの時期、ドバイは昼と夜の寒暖・湿度の差が大きくなり、その結果、夜のあいだにこのような分厚い霧の海に包まれる。地上では車の運転もままならない。これは一年のうちにそう何日も見られる光景ではないそうだ。

National News and Pictures

National News and Pictures

National News and Pictures

太陽が昇ると霧は消え、ドバイはいつもの砂漠の街に戻っていく。

National News and Pictures

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking