風邪治療のエキスパートがおすすめする1日で風邪を撃退する方法

Text by

  • 25
shutter stock

shutter stock

風邪をひいたら体を休め、たっぷり睡眠をとるのがいちばんだ。しかし、クリスマスやら忘年会やら年末恒例のあれやこれや、やることが白押し。「ゆっくり休んでる場合じゃない!」という方も多いだろう。そこで本日は、英国カーディフ大学〈風邪センター〉のロナルド・エクルズ教授に訊いた風邪を1日で撃退する方法をご紹介しよう。

7:00AM 熱いシャワーを浴びる
気分がすぐれないときは風呂に入る気はしないだろうが、お湯が節々の痛みを緩和してくれるし、蒸気で鼻づまりも緩和される。

8:00AM 朝食にベリー類を添えたオートミール粥を食べる
オレンジジュースでビタミンCを補給し、抗酸化物質が豊富なベリーを添えた温かいオートミール粥をたっぷり食べる。

10:00AM 薬をのみ、蒸気で吸入する
市販の風邪薬をのむ場合、アスピリン、パラセタモール(鎮痛剤)、咳止めシロップorトローチなど、味にインパクトのあるものを選ぶと、唾液の分泌が促進されて喉が保護され、痛みが緩和される。また、ボールにお湯を張り、5分間蒸気を吸うと喉や鼻の通りがよくなるのでおすすめだ。

12:00 軽く散歩をする
外に出て少し体を動かせば気分転換になり、免疫機能を高めることができる。軽い鼻風邪なら、運動をしても構わない。

1:00PM 昼食にタンパク質をしっかり摂
タンパク質を摂ることで免疫細胞の形成および免疫反応が促進される。おすすめはチキン入りのシーザーサラダだ。ダイエットで肉類をカットしている人は風邪をひきやすく、かかるとこじらせる傾向がある。

3:00PM ハーブティを飲む
温かい飲み物を摂ることで、粘液の粘度が下がり、痰を出しやすくなる。また、即効性はないものの、絞りたてのオレンジジュースを飲んでビタミンCを補給しておくと、回復力、免疫機能の向上に役立つ。

6:00PM 夕食にカレーを食べる
カレーやチリコンカルネなど、スパイシーなものを食べて体を温める。ショウガやニンニクや唐辛子は抗ウイルス、抗菌効果があることでも知られており、鼻づまりにも効く。

8:00PM 入浴する
ゆっくりお湯につかれば、筋肉の痛みが緩和される。また、風呂の蒸気が最後のだめ押しで風邪のウイルスを体の外に追い出してくれる。

10:00PM たっぷり睡眠をとる
しっかり充電をし、できるだけ早く元気を取り戻すには、ぐっすり眠ることが大切。ベッドでカフェインやアルコールを摂取したり、テレビを観たり、仕事(!)をしたりすると、神経が高ぶり眠れなくなるので避けるべきだ。

 

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking