1日に手のひら8杯分の野菜や果物を食べると若年層の気持ちが穏やかになり、幸福度、やる気が増すと判明

Text by

  • 1
flickr_rthie1

flickr_rthie1

ニュージーランドのオタゴ大学の研究チームが若年層を対象に、野菜や果物の摂取量と、心理的変化の関係について研究を行い、その結果が『British Journal of Health Psychology』 に発表された。

20歳以下の若年層281人に21日間、食事日記をつけてもらい、毎日の野菜や果物の摂取量と日々の気持の変化に関する質問を行ったところ、BMI(肥満度指数)に関わりなく、果物や野菜(ジュース、ドライフルーツ、ポテトチップ等の菓子類は除く)をいつもより多く摂った場合、気持がより穏やかになり、幸福度、やる気も増すことが分かった。ジャンクフードを摂った場合はとくに気持の変化は見られなかった。

研究者は「これが鬱病などの代替療法になるわけではない」と強調しながらも、半カップもしくは手のひらに載るぐらいの量を1杯として、1日に7~8杯分の野菜や果物を取ると、精神的、心理的に好ましい変化を得ることができるとしている。とくにおやつにはリンゴを食べることがオススメだそうだ。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking