開かずの間だった亡き父の物置部屋から行方不明になっていたカメを30年ぶりに発見! 

Text by

  • 120
TV Globo/Mail Online

TV Globo/Mail Online

ブラジル、リオ・デ・ジャネイロで暮らすアルメイダ家が飼っていた雌のカメ、マニュエラは、今から約30年ほど前の1982年に行方不明になった。家族でさんさん探したのだが、結局見つからず、当時家の修理で出入りしていた業者がドアを開けたままにしていたので、そこから逃げてしまったのだろうということになった。

今年に入って父親が亡くなり、物置部屋を整理することになった。父親は捨ててある電化製品をやたら拾ってきてはそこにしまい込む癖があり、家族はその開かずの間に足を踏み入れたことがほとんどなかったのだとか。息子のレアンドロさんが古いレコードプレーヤーが入った段ボールを外のゴミ置き場に捨てようとしたとき、近所の人から「カメも一緒に捨てちゃうの?」と訊かれ、箱の中をあらためて見てみると、なんとカメが入っていた。しかもちゃんと生きている。それは紛れもなく、30年前に行方不明になったマニュエラだった。家族が皆、大感激だったことは言うまでもない。

TV Globo/Mail Online

TV Globo/Mail Online

それにしても、なぜマニュエラは30年ものあいだ、生き延びることができたのか? リオ・デ・ジャネイロの獣医師Jeferson Piresの説明によれば、マニュエラのようなアカアシリクガメは、何も食べなくても2~3年は生き延びることができるのだとか。おそらくマニュエラは、床にわいたシロアリを食べていたと考えられる。カメの生命力もさることながら、亡くなった父親の無精ぶり(?)が彼女のサバイバルを可能にしてくれたとも言えるが、父親に収集癖がなく、物置部屋をもっときれいにしておいてくれたら、マニュエラももっと早く見つけてもらえたかもしれない…。

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking