オランダの鉄道会社が、個々の列車の混雑状況をリアルタイムで提供するアプリを試験運用

Text by

  • 0
d38bacb066ab0bad725224a355aad499

日本でも、乗り換え案内や駅情報など、鉄道会社が様々な情報を提供しているが、オランダの鉄道会社NSが、自分がこれから乗ろうと思っている列車の混み具合、空席状況をリアルタイムで提供するアプリを作成、パイロット版の運用を始めた。

NSでは乗り換え案内、時刻表、駅情報、到着列車のプラットフォーム案内等を提供するアプリ〈Reisplanner Xtra〉をすでに運用しており、新機能はこのアプリに搭載される予定で、既存の機能と併せて活用することで、ユーザーは個々の列車のどの車両が空いているのかが前もって分かり、プラットフォーム案内を使って、その車両の乗り口で待つことができる。鉄道会社側も、階段付近など、特定の車両だけが混み合う事態を回避できるというわけ。まずはズウォレとローセンダール間の11の列車で3カ月試験運用をする予定だそうだ。

ヨーロッパの旅では鉄道による移動が便利なので、旅行の際はこんなアプリを活用してみるのもいいかもしれない。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=kzZqA9N_MiE[/youtube]

 

Posted: |Updated:

Text by

注目の記事

前の記事を見る

次の記事を見る

Ranking